ワイファイレンタルで通信費を抑えよう

ワイファイレンタルのメリットとデメリット

入院中の暇つぶしに是非

ではどんなときにこのレンタルサービスを利用すれば良いのでしょうか。
一般的な生活をする上では、このサービスの利用はお勧めしません。
通常家庭での通信環境は、引越しなどがない限り半永久的に使うものです。
またワイファイルーターも、それぞれの家庭に固有のものなどでは全然なく、大抵の場合引越し先でも何の問題もなく使用できます。
ではどんなときに使用すれば良いのでしょうか。
最も多いケースは、入院などで一時的に生活拠点が他所に移る場合です。
特に、入院は退屈なものです。
長らく入院していればインターネットで動画の一つでも見ようとなるでしょうが、そんなときにパケット通信を使っていれば通信容量がいくらあっても足りません。

一時滞在、一時帰国のお供に

入院の他にも、一時的にインターネット接続環境が必要になる場合があります。
そのうち一つが、海外からの一時帰国や日本での一時的な滞在です。
ワイファイルーターは海外とは規格が違うことがほとんどなので、日本で、例えば1ヶ月部屋を借りて滞在するのにもといた国で使っていたルーターは使えませんし、新しくルーターを購入するのはなんだかもったいないです。
また、先ほどの入院の例とも共通することですが、通常のパケット通信が使えない、もしくは使うのが憚られる環境であることも挙げられます。
特に海外で契約してあるスマートフォンを、日本などのその国以外の土地で使用すると、意識せずに国際ローミングを使用してしまい莫大な請求がなされる場合があるので注意が必要です。


この記事をシェアする