ワイファイレンタルで通信費を抑えよう

利用上の注意点

レンタル期間には要注意

ワイファイレンタルを利用する上での注意事項はなんでしょうか。
一つにはレンタル期間には注意が必要です。
レンタル業者も商売ですから、期間の延長にはいくらでも応じてもらえます。
しかし、レンタル期間の途中でやっぱり返却したいとなった時は、返却にこそ応じてもらえても返金には応じてもらえない場合がほとんどです。
賃貸借契約も契約の一種です。
契約解除のためには当事者間での特別な取り決めがなされていない限り、一方に債務不履行などの落ち度がなければ解除することはできません。
借りる場合は契約内容と借りたい期間をよく確認するようにしましょう。
基本的には短めに借りておき、その都度借り直すことをお勧めしますが、長期で借りることによる割引などのサービスがあれば、そのあたりの塩梅はうまく検討しましょう。

通信制限の存在

いくらワイファイといえども、無制限に利用できるわけではありません。
大抵のワイファイは契約上、利用できる通信容量に上限があります。
もっともその容量は、一般的なスマートフォンのパケット通信の容量とは比較するのもおこがましいほどに大きいのでそこまで気に病む必要はないのですが、大容量の通信を必要とする場合は注意しましょう。
事前に業者に確認をしておく方がよいかもしれません。
ちなみに通信制限を超過すると、スマートフォンと同じように通信速度が著しく低下します。
また、無制限を謳っている通信業者のものであっても、実際は通信制限が存在するものや予めきわめて低速な状態になっているものがあるので鵜呑みにし過ぎないようにしましょう。


この記事をシェアする